不景気.com > 赤字決算 > 大井電気の19年3月期は25億円の最終赤字へ、無配転落

大井電気の19年3月期は25億円の最終赤字へ、無配転落

大井電気の19年3月期は25億円の最終赤字へ、無配転落

ジャスダック上場で情報通信機器製造の「大井電気」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が25億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:大井電気

売上高営業損益純損益
前回予想 240億円 1億円 2億円
今回予想 225億円 △13億円 △25億円
前期実績 238億3000万円 6000万円 △1億1600万円

自然災害などの影響により、顧客先となる電力会社の設備投資が先送りとなったほか、新規システム案件の先送りや開発費の増加が減収・減益要因となりました。

加えて、独占禁止法関連損失引当金として1億6300万円、繰り延べ税金資産の取り崩しとして10億9100万円を計上することから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。また、業績予想の赤字修正を受けて、年間配当を無配とすることも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:大井電気

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事