不景気.com > 赤字決算 > フォスター電機の19年3月期は25億円の最終赤字へ

フォスター電機の19年3月期は25億円の最終赤字へ

フォスター電機の19年3月期は25億円の最終赤字へ

東証1部上場で音響機器製造の「フォスター電機」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が25億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:フォスター電機

売上高営業損益純損益
前回予想 1500億円 55億円 25億円
今回予想 1400億円 30億円 △25億円
前期実績 1848億円 93億700万円 42億6500万円

主要顧客向けヘッドセットの需要減や販売価格の低下が減収要因となっているほか、合理化策の一環としてベトナム子会社などで早期退職者を募集した結果、特別退職金として9億4800万円の特別損失を計上し、また、モバイルオーディオ事業における固定資産の減損損失として20億8700万円の特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:フォスター電機

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事