不景気.com > 赤字決算 > 船井電機の18年3月期は247億円の赤字へ、北米テレビ不振

船井電機の18年3月期は247億円の赤字へ、北米テレビ不振

船井電機の18年3月期は247億円の赤字へ、北米テレビ不振

東証1部上場の電気機器メーカー「船井電機」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が247億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:船井電機

売上高営業損益純損益
前回予想 1400億円 △84億円 △174億円
今回予想 1301億円 △108億円 △247億円
前期実績 1338億3800万円 △67億7500万円 △67億4500万円

北米市場における液晶テレビの価格下落や販売不振に加え、高値で調達した液晶パネルを在庫として抱えたことから、販売促進費の負担が増加しました。

また、円高に伴う為替差損として11億6700万円の営業外費用を計上するほか、固定資産の減損損失として125億8600万円の特別損失を計上するため、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:船井電機

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事