不景気.com > 不景気ニュース > ポケベルがサービス終了、唯一の「東京テレメッセージ」が撤退

ポケベルがサービス終了、唯一の「東京テレメッセージ」が撤退

ポケベルがサービス終了、唯一の「東京テレメッセージ」が撤退

国内で唯一「ポケットベル」(ポケベル)のサービスを提供する「東京テレメッセージ」(東京都港区)は、2019年9月30日をもって同サービスを終了すると発表しました。

1968年に当時の「電電公社」(現NTTグループ)が開始したポケベルは、電話から端末に数字や文字を通知できる無線呼び出しサービスで、当初はビジネス用途としての利用が中心だったものの、1990年代には高校生をはじめとする若者のコミュニケーションツールとして広がり、ピーク期の1996年には契約数が1000万件を超えていました。

しかし、その後は携帯電話の普及に伴う利用者数の減少で、サービスの提供事業者が相次ぎ撤退するなか、現在は東京テレメッセージのみが一都三県に限りサービスの提供を継続しているものの、契約者数は1500名を下回るなどサービスの継続が困難な状況になっていることに加え、端末の製造中止から20年が経っていることも契機として今回の決定に至ったようです。

ページャー(マジックメール)サービス終了のお知らせ:東京テレメッセージ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事