不景気.com > 赤字決算 > フィスコの18年12月期は23億円の最終赤字へ、無配転落

フィスコの18年12月期は23億円の最終赤字へ、無配転落

フィスコの18年12月期は23億円の最終赤字へ、無配転落

ジャスダック上場で投資支援サービスを手掛ける「フィスコ」は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が23億5700万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:フィスコ

売上高営業損益純損益
前回予想 123億5800万円 5000万円 △3億2800万円
今回予想 116億1400万円 △4億9400万円 △23億5700万円
前期実績 146億2000万円 700万円 6億3600万円

持分法適用関連会社が仮想通貨取引所「Zaif」の事業を譲受することに伴い、仮想通貨の下落を要因とするのれんなどの持分法投資損失を計上するほか、子会社「ネクスグループ」の減損損失に伴い10億3100万円の特別損失を計上するため、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。また、年間配当を無配とすることも明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:フィスコ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事