不景気.com > 赤字決算 > KYBの19年第2四半期は119億円の最終赤字、免震不正で

KYBの19年第2四半期は119億円の最終赤字、免震不正で

KYBの19年第2四半期は119億円の最終赤字、免震不正で

東証1部上場で車両用油圧緩衝器製造の「KYB」(旧商号:カヤバ工業)は、2019年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が119億7200万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期第2四半期連結業績:KYB

売上高営業損益純損益
2019年3月期(2Q) 2027億8900万円 △113億円 △119億7200万円
前年同期 1894億4800万円 110億4800万円 72億3900万円
通期予想 4160億円 7億円 △23億円

免震・制震用オイルダンパーの検査データ改ざん問題に絡み、その交換品や工事費用などの製品保証引当金繰入額として144億2500万円を計上したほか、アメリカにおける独占禁止法関連損失として44億2400万円を計上したため、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。なお、通期連結業績予想については、純損益が23億円の赤字になる見通しを明らかにしました。

2019年3月期第2四半期決算短信:KYB

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事