不景気.com > 赤字決算 > 日信工業の18年3月期は純損益87億円の赤字転落

日信工業の18年3月期は純損益87億円の赤字転落

日信工業の18年3月期は純損益87億円の赤字転落

東証1部上場で自動車部品製造の「日信工業」は、2018年3月期決算短信を発表し、当期純損益が87億1700万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:日信工業

売上高営業損益純損益
18年3月期 1882億2100万円 131億6200万円 △87億1700万円
前期実績 1668億8900万円 122億7800万円 53億8500万円
次期予想 1900億円 150億円 67億円

北米の子会社における新規品立ち上げ時の生産ロスなどにより、固定資産の減損損失を計上したほか、エアバッグ最大手「オートリブ」との合弁会社「オートリブ日信ブレーキシステムジャパン」などの業績悪化に伴い、持分法による投資損失として137億700万円を計上したため、純損益は赤字転落となりました。

2018年3月期決算短信:日信工業

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事