不景気.com > 赤字決算 > 千趣会の18年12月期は103億円の最終赤字へ、大幅修正

千趣会の18年12月期は103億円の最終赤字へ、大幅修正

千趣会の18年12月期は103億円の最終赤字へ、大幅修正

東証1部上場で通信販売の「ベルメゾン」を展開する「千趣会」は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が最大で103億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:千趣会

売上高営業損益純損益
前回予想 1190億円 3億円 2億円
今回予想 1125億円 △70億円~
△60億円
△103億円~
△90億円
前期実績 1259億9900万円 △42億8700万円 △110億9000万円

在庫圧縮による廃棄損の計上や処分予定在庫の評価損の計上、バーゲン販売の増加に伴う原価率の悪化などから、売上高は前回予想を下回る見込みで、また、280名の希望退職者募集に伴う特別退職金などの関連費用を計上するため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

中期経営計画の見直し、業績予想の修正に関するお知らせ:千趣会

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事