不景気.com > 赤字決算 > 三井E&Sの19年3月期は430億円の最終赤字、旧三井造船

三井E&Sの19年3月期は430億円の最終赤字、旧三井造船

三井E&Sの19年3月期は430億円の最終赤字、旧三井造船

東証1部上場で造船・重機大手の「三井E&Sホールディングス」(旧商号:三井造船)は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が430億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:三井E&Sホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 6700億円 120億円 50億円
今回予想 6600億円 △280億円 △430億円
前期実績 7032億1600万円 △52億2400万円 △101億3700万円

インドネシアで建設中の火力発電所の土木建築工事において、海中に据え付け済みのガラス繊維強化プラスチック製の配管に破断が発見されたことから、配管材を鋼製に変更し、据え付けをやり直すこととなったため、多額の追加費用が発生する見込みとなりました。

加えて、繰り延べ税金資産を取り崩し、約134億円の法人税等調整額を計上することから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し大幅な赤字見通しとなりました。また、業績予想の赤字修正を受け、年間配当を無配とすることも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:三井E&Sホールディングス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事