不景気.com > 赤字決算 > 三井E&Sの19年3月期は700億円の最終赤字へ、再工事で

三井E&Sの19年3月期は700億円の最終赤字へ、再工事で

三井E&Sの19年3月期は700億円の最終赤字へ、再工事で

東証1部上場で造船・重機大手の「三井E&Sホールディングス」(旧商号:三井造船)は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が700億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:三井E&Sホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 6600億円 △280億円 △430億円
今回予想 6550億円 △600億円 △700億円
前期実績 7032億1600万円 △52億2400万円 △101億3700万円

インドネシアで建設中の火力発電所の土木建築工事において、海中に据え付け済みの配管に破断が発見されたため、配管材の変更や据え付けのやり直しを行っています。

しかし、厳しい現場環境や顧客との調整難航により、着工の遅れや工事の長期化が予想されるため、第4四半期において受注工事損失引当金繰入額として380億円の追加損失を計上し、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:三井E&Sホールディングス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事