不景気.com > 企業不況 > 「テノ.ホールディングス」に新規上場の承認取消、確認事項

「テノ.ホールディングス」に新規上場の承認取消、確認事項

「テノ.ホールディングス」に新規上場の承認取消、確認事項

東京証券取引所は、9月20日付で東証マザーズ市場に新規上場を予定していた保育園運営の「テノ.ホールディングス」について、9月18日付で新規上場の承認を取り消すと発表しました。

東証によると、同社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性について確認すべき事項が生じたため、当該承認を取り消す決定に至ったとのことです。

なお、同社によると、新規上場の承認が取り消されたため、株式売出しの中止を決議し上場を延期するとしたものの、その詳細については現在のところ明らかにしていません。

新規上場の承認取消しは、2018年1月に射出成形用ホットランナー装置製造の「世紀」、6月に国際開発コンサルティングの「パデコ」、同じく6月に多言語コンタクトセンターサービスの「インバウンドテック」が受けて以来、今年4社目となります。

新規上場の承認取消し(マザーズ):(株)テノ.ホールディングス | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事