不景気.com > 赤字決算 > APAMANの18年第3四半期は4億円の最終赤字、先行投資

APAMANの18年第3四半期は4億円の最終赤字、先行投資

APAMANの18年第3四半期は4億円の最終赤字、先行投資

ジャスダック上場で不動産賃貸仲介大手の「APAMAN」(旧商号:アパマンショップホールディングス)は、2018年9月期第3四半期決算短信を発表し、四半期純損益が4億9800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年9月期第3四半期連結業績:APAMAN

売上高営業損益純損益
2018年9月期(3Q) 305億5600万円 13億2600万円 △4億9800万円
前年同期 302億4800万円 18億7600万円 5億8700万円
通期予想 405億円 26億円 8億円

民泊やコワーキングスペースなどシェアリングエコノミー関連への先行投資を積極化したことに加え、不動産の売却に伴う法人税および法人税等調整額が増加したことから、純損益は赤字転落となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2018年9月期第3四半期決算短信:APAMAN

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事