不景気.com > 赤字決算 > 大塚家具の20年第2四半期は24億円の赤字、売上低迷続く

大塚家具の20年第2四半期は24億円の赤字、売上低迷続く

大塚家具の20年第2四半期は24億円の赤字、売上低迷続く

ジャスダック上場で家具販売大手の「大塚家具」は、2020年4月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が24億5200万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2020年4月期第2四半期業績:大塚家具

売上高営業損益純損益
2020年4月期(2Q) 138億7000万円 △23億9700万円 △24億5200万円
2018年12月期(2Q) 188億2500万円 △35億600万円 △20億3700万円
通期予想 442億円 1億5700万円 2500万円

*2020年4月期より決算期が変更。

閉店による店舗数の減少や、住宅事業者など提携先からの集客が振るわなかったこと、大型店の入店件数・接客件数が低迷したことから、店舗売上高は減少となり、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2020年4月期第2四半期決算短信:大塚家具

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事