不景気.com > 赤字決算 > 大塚家具の18年12月期は51億円の営業赤字、ヤマダと提携も

大塚家具の18年12月期は51億円の営業赤字、ヤマダと提携も

大塚家具の18年12月期は51億円の営業赤字、ヤマダと提携も

ジャスダック上場の家具販売大手「大塚家具」は、2018年12月期決算短信を発表し、当期営業損益が51億6800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績:大塚家具

売上高営業損益純損益
18年12月期 373億8800万円 △51億6800万円 △32億4000万円
前期実績 410億7900万円 △51億3600万円 △72億5900万円
次期予想 未定 未定 未定

ショールームの相次ぐ閉店や減床に加え、大型店における入店件数が前期比2桁のマイナスになったことから、売上高は前期実績を下回ったほか、棚卸資産評価損として8億2600万円を計上したため、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。また、家電販売大手の「ヤマダ電機」との業務提携や、第三者割当増資などで最大76億円を資金調達することも併せて発表しました。

2018年12月期決算短信:大塚家具

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事