不景気.com > 赤字決算 > HANATOURの19年12月期は9億円の赤字へ、日韓悪化で

HANATOURの19年12月期は9億円の赤字へ、日韓悪化で

HANATOURの19年12月期は9億円の赤字へ、日韓悪化で

東証マザーズ上場で主に韓国からの訪日旅行を手掛ける「HANATOUR JAPAN」は、2019年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が9億6500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年12月期通期連結業績予想:HANATOUR JAPAN

売上高営業損益純損益
前回予想 103億100万円 20億400万円 13億300万円
今回予想 68億8700万円 3億3200万円 △9億6500万円
前期実績 78億9100万円 9億1800万円 5億5800万円

日韓関係の悪化に伴い、韓国の格安航空会社が日本との国際定期便の運休を発表するなど厳しい環境に陥っており、韓国からの新規予約が落ち込んでいるほか、一部でキャンセルが発生するなど業績が悪化しているため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:HANATOUR JAPAN

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事