不景気.com > 赤字決算 > アルデプロの19年7月期は19億円の経常赤字へ、売却延期で

アルデプロの19年7月期は19億円の経常赤字へ、売却延期で

アルデプロの19年7月期は19億円の経常赤字へ、売却延期で

東証2部上場で中古不動産の再生・販売を手掛ける「アルデプロ」は、2019年7月期通期連結業績予想を下方修正し、当期経常損益が19億4000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年7月期通期連結業績予想:アルデプロ

売上高営業損益経常損益
前回予想 260億円 15億円 3億8000万円
今回予想 161億円 △6億7000万円 △19億4000万円
前期実績 114億9100万円 11億200万円 △7億2200万円

今期中に売却を見込んでいた東京都港区の収益ビルについて、買主より決済日の延期を要請されたことで、今期中の売上計上が困難となったため、営業損益・経常損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。なお、純損益については算定に時間を要するため未定としています。

業績予想の修正に関するお知らせ:アルデプロ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事