不景気.com > 赤字決算 > 価値開発の19年3月期は28億円の最終赤字へ、復興需要低迷

価値開発の19年3月期は28億円の最終赤字へ、復興需要低迷

価値開発の19年3月期は28億円の最終赤字へ、復興需要低迷

東証2部上場でホテル・不動産業を手掛ける「価値開発」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が28億9500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:価値開発

売上高営業損益純損益
前回予想 49億4000万円 △2億7000万円 △6億6000万円
今回予想 49億4000万円 △2億7000万円 △28億9500万円
前期実績 46億6000万円 △3億2100万円 △4億1300万円

東北の復興支援を目的として運営する「バリュー・ザ・ホテル」について、震災復興の宿泊需要が低迷するなど稼働率が低下しているほか、当該施設の建物を中心に固定資産の減損損失として22億3500万円の特別損失を計上するため、純損益は大幅な赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:価値開発

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事