不景気.com > 企業不況 > 曙ブレーキ工業が560億円の債権放棄を要請、ADRの一環

曙ブレーキ工業が560億円の債権放棄を要請、ADRの一環

曙ブレーキ工業が560億円の債権放棄を要請、ADRの一環

東証1部上場の自動車部品メーカー「曙ブレーキ工業」は、事業再生ADR手続における事業再生計画案として、取引金融機関に対して総額で560億円の債権放棄を要請したと発表しました。

北米子会社の過大受注による生産混乱や、労務費の上昇による採算悪化で業績が悪化した同社は、多額の借入金が財務を圧迫していることから、取引金融機関に対して金融支援を要請するため、1月29日付で事業再生ADR手続を申請していました。

同社は、7月18日付で投資ファンドから200億円の出資を受け入れることも発表しており、経営再建に向け財務体質の改善を急いでいます。

曙ブレーキ:事業再生ADR手続における債権者会議の開催等に関するお知らせ

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事