不景気.com > 国内リストラ > 曙ブレーキ工業が役員報酬を減額、ADRや大幅赤字の責任で

曙ブレーキ工業が役員報酬を減額、ADRや大幅赤字の責任で

曙ブレーキ工業が役員報酬を減額、ADRや大幅赤字の責任で

東証1部上場の自動車部品メーカー「曙ブレーキ工業」は、経営不振の責任を明確化するため、役員報酬を減額すると発表しました。

取締役の月額報酬を50%減額するほか、執行役員の月額報酬を20%~40%減額する予定で、減額対象期間は4月支給分から1年間です。加えて、自主返納の申し出に基づき常勤監査役が報酬の20%を返上する予定です。なお、社外取締役および社外監査役の報酬については、別途検討を進めるとのことです。

北米事業の採算悪化に伴い、2019年3月期決算は約200億円の最終赤字を見込むほか、取引金融機関に支援を求めるべく事業再生ADR手続を申請するなど経営不振に陥っているため、責任の明確化を目的として今回の決定に至ったようです。

役員報酬の減額に関するお知らせ:曙ブレーキ工業

「国内リストラ」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事