不景気.com > 国内倒産 > 広島の女性向け同人誌販売「明輝堂」が自己破産申請へ

広島の女性向け同人誌販売「明輝堂」が自己破産申請へ

広島の女性向け同人誌販売「明輝堂」が自己破産申請へ

広島県広島市に本拠を置く同人誌販売の「株式会社明輝堂」は、6月24日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことを明らかにしました。

1985年に創業の同社は、女性向け同人誌を中心に、コミック・書籍やCD・DVDなど中古品の買取・販売を主力に事業を展開し、東京・池袋や大阪・名古屋にも店舗を設けるなど事業を拡大していました。

しかし、近年は市場の縮小や同業者との競争激化で売上が減少したため、広島店や池袋店を閉鎖するなどコスト削減を進めたものの、その後も業績は低迷が続いたことから、6月24日をもって従業員を解雇するとともに、残る大阪店・名古屋店・通販部の営業を停止し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約5億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事