不景気.com > 国内倒産 > 広島の文具製造「ユナイテッドビーズ」が破産申請、負債16億

広島の文具製造「ユナイテッドビーズ」が破産申請、負債16億

広島の文具製造「ユナイテッドビーズ」が破産申請、負債16億

広島県福山市に本拠を置く文具製造・販売の「ユナイテッドビーズ株式会社」は、10月30日付で広島地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

2003年に設立の同社は、雑貨店や百貨店・書店などを取引先として、「UNITED BEES」のブランド名で文具・雑貨の企画・製造・卸を手掛け、倉敷帆布や岡山デニムなどの良質な素材とユニークなデザインが若者から支持を得ていました。また、東京・神奈川・愛知・大阪・兵庫・広島・福岡にて「Lulu」などの店名で直営店を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、積極的な事業拡大による多額の借入金が資金繰りを逼迫すると、生き残りを目指し不採算店舗の閉鎖や人員削減・在庫処分などの合理化を進めたものの、その後も収益悪化に歯止めが掛からず、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約16億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事