不景気.com > 海外倒産 > 米医薬品「インシス・セラピューティクス」が破産法第11章を申請

米医薬品「インシス・セラピューティクス」が破産法第11章を申請

米医薬品「インシス・セラピューティクス」が破産法第11章を申請

ナスダック上場の医薬品会社「インシス・セラピューティクス」(アメリカ)は、6月10日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

同社は1990年の設立。依存性が高いオピオイド系鎮痛剤の「サブシス」について、販売促進を目的に医者に賄賂を渡し、それが要因で中毒者の蔓延を招いたとして、創業者らが逮捕される事態に陥っていました。

裁判所への提出書類によると、負債総額は1億ドル~5億ドル(約108億円~540億円)のレンジです。

Epiq 11 - Insys Therapeutics, Inc.

「海外倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事