不景気.com > 海外倒産 > 米体操連盟が破産法第11章を申請、元医師の事件影響

米体操連盟が破産法第11章を申請、元医師の事件影響

米体操連盟が破産法第11章を申請、元医師の事件影響

「アメリカ体操連盟」(USA Gymnastics)は、12月5日付でインディアナ州南部の連邦破産裁判所に破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したと発表しました。

アメリカ体操代表チームの元ドクターが女子選手らに性的虐待を行ったとされる事件で、アメリカ体操連盟は女子選手ら300名超の被害者から訴訟を起こされており、その影響から運営継続が困難な状況に陥っているため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

今後は、同手続を通じて被害者への賠償や救済を進めていく方針です。

USA Gymnastics | Reorganization under Chapter 11 of Bankruptcy Code

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事