不景気.com > 赤字決算 > キリンの19年第1四半期は407億円の最終赤字、豪減損

キリンの19年第1四半期は407億円の最終赤字、豪減損

キリンの19年第1四半期は407億円の最終赤字、豪減損

東証1部などに上場する飲料大手の「キリンホールディングス」は、2019年12月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が407億5400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年12月期第1四半期連結業績:キリン

売上収益事業損益純損益
2019年12月期(1Q) 4343億3100万円 368億5700万円 △407億5400万円
前年同期 4312億100万円 370億6700万円 500億6700万円
通期予想 2兆円 1900億円 629億円

売上収益は前年同期を上回ったものの、売却を検討しているオーストラリアの子会社「ライオン」について、企業価値を再評価した結果として約571億円の減損損失を計上したため、純損益は赤字転落となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2019年12月期第1四半期決算短信:キリンホールディングス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事