不景気.com > 赤字決算 > 千代田化工建設の19年3月期は2150億円の赤字、海外不振

千代田化工建設の19年3月期は2150億円の赤字、海外不振

千代田化工建設の19年3月期は2150億円の赤字、海外不振

東証1部上場のエンジニアリング業「千代田化工建設」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が2150億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:千代田化工建設

売上高営業損益純損益
前回予想 4000億円 △865億円 △1050億円
今回予想 3400億円 △2000億円 △2150億円
前期実績 5108億7300万円 △123億3000万円 64億4500万円

アメリカのLNGプロジェクトにおいて、作業の増加や現場作業員の離職率の高止まりなどで工事コストが増加するほか、インドネシアのLNGプロジェクトにおいても、進捗が遅れるなどの影響が出ています。また、訴訟・仲裁などについて、リスクの見直しによる下振れ要因もあり、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:千代田化工建設

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事