不景気.com > 赤字決算 > 巴川製紙所の19年3月期は21億円の最終赤字へ、パルプ高騰

巴川製紙所の19年3月期は21億円の最終赤字へ、パルプ高騰

巴川製紙所の19年3月期は21億円の最終赤字へ、パルプ高騰

東証1部上場で電子部品材料などを手掛ける「巴川製紙所」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が21億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:巴川製紙所

売上高営業損益純損益
前回予想 340億円 6億5000万円 1億5000万円
今回予想 334億円 6億5000万円 △21億円
前期実績 346億4700万円 11億6600万円 4億1300万円

パルプ価格の高騰に伴う収益性の低下を要因に、固定資産の減損損失として8億1100万円の特別損失を計上するほか、繰延税金資産の取り崩しとして12億6300万円の法人税等調整額を計上する予定です。また、老朽化および稼働見込みのない製造設備の廃棄による固定資産除却損として約2億円を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:巴川製紙所

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事