不景気.com > 赤字決算 > 日本製紙の19年3月期は400億円の最終赤字へ、廃棄物処理

日本製紙の19年3月期は400億円の最終赤字へ、廃棄物処理

日本製紙の19年3月期は400億円の最終赤字へ、廃棄物処理

東証1部上場の製紙大手「日本製紙」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が400億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:日本製紙

売上高営業損益純損益
前回予想 1兆800億円 200億円 △80億円
今回予想 1兆800億円 180億円 △400億円
前期実績 1兆464億円 176億1300万円 78億4700万円

ポリ塩化ビフェニル廃棄物の処理費用として137億円の環境対策引当金繰入額を計上するほか、新聞洋紙事業の固定資産について126億円の減損損失を計上するため、純損益は大幅な赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:日本製紙

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事