不景気.com > 赤字決算 > プレナスの19年2月期は純損益29億円の赤字、店舗減損で

プレナスの19年2月期は純損益29億円の赤字、店舗減損で

プレナスの19年2月期は純損益29億円の赤字、店舗減損で

東証1部上場で持ち帰り弁当の「ほっともっと」や飲食店の「やよい軒」などを展開する「プレナス」は、2019年2月期決算短信を発表し、当期純損益が29億2600万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年2月期通期連結業績:プレナス

売上高営業損益純損益
19年2月期 1539億1400万円 △5億100万円 △29億2600万円
前期実績 1457億900万円 49億7900万円 23億5100万円
次期予想 1592億5000万円 21億3000万円 2億4000万円

収益性の低下に伴う店舗などの減損損失として、ほっともっと事業で19億4600万円、やよい軒事業で6800万円、MKレストラン事業で2億5400万円、海外事業で2億2100万円の特別損失を計上したため、純損益は大幅な赤字となりました。

2019年2月期決算短信:プレナス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事