不景気.com > 赤字決算 > ワタミの19年第1四半期は純損益3億円の赤字、店舗撤退響く

ワタミの19年第1四半期は純損益3億円の赤字、店舗撤退響く

ワタミの19年第1四半期は純損益3億円の赤字、店舗撤退響く

東証1部上場で居酒屋チェーンを展開する「ワタミ」は、2019年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が3億800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期第1四半期連結業績:ワタミ

売上高営業損益純損益
2019年3月期(1Q) 231億円 △2億2300万円 △3億800万円
前年同期 236億3800万円 △1億1200万円 △2億800万円
通期予想 943億円 7億円 2億円

主力の国内外食事業において、業態転換や店舗オペレーションの改善などにより、既存店売上高は前年同期を上回ったものの、不採算店舗の撤退による影響で減収減益となりました。

加えて、宅食事業における単価の減少や広告宣伝費の増加、海外外食事業での不採算店舗の撤退も重なり、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2019年3月期第1四半期決算短信:ワタミ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事