不景気.com > 国内倒産 > 大分の地方卸売市場「中津魚市」に破産決定、負債9億円

大分の地方卸売市場「中津魚市」に破産決定、負債9億円

大分の地方卸売市場「中津魚市」に破産決定、負債9億円

大分県中津市で地方卸売市場を運営する「中津魚市株式会社」は、3月29日付で大分地方裁判所中津支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1843年(天保14年)に魚問屋として創業の中津魚市は、豊前海やその近郊で獲れる地魚などを取り扱い、民間の魚市場として主に地元のスーパーや鮮魚店に利用されてきました。

しかし、近年は漁師の高齢化や廃業の影響により、魚の入荷量が減少したことで売上が低迷し、債務超過に陥るなど資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約8億9600万円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事