不景気.com > 国内倒産 > 大分・豊後大野の「ホテル豊洋」に破産決定、負債9億円

大分・豊後大野の「ホテル豊洋」に破産決定、負債9億円

大分・豊後大野の「ホテル豊洋」に破産決定、負債9億円

大分県豊後大野市に本拠を置くホテル経営の「株式会社みつば観光」は、6月11日付で大分地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同社は、豊後大野市のホテル「ホテル豊洋」の経営を引き継ぐ目的で1998年に設立されました。経営するホテル豊洋は、JR豊肥本線・三重町駅から徒歩7分の位置に立地する全54室のビジネスホテルで、レストランや結婚式場・宴会場なども備え、同市内では最大級のホテルとして知られていました。

しかし、宿泊客数の減少や結婚式の需要低迷で売上が落ち込むと、新たに進出した近隣ホテルとの競争激化も重なり業績が悪化したため、資金繰りが行き詰まり今回の措置に至ったようです。

負債総額は約9億5000万円の見通しです。

ホテル運営会社が破産手続開始|NHK 大分県のニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事