不景気.com > 赤字決算 > 吉野家の19年2月期は58億円の最終赤字へ、減損50億円

吉野家の19年2月期は58億円の最終赤字へ、減損50億円

吉野家の19年2月期は58億円の最終赤字へ、減損50億円

東証1部上場の外食チェーン大手「吉野家ホールディングス」は、2019年2月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が58億8200万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年2月期通期連結業績予想:吉野家ホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 2050億円 11億円 △11億円
今回予想 2023億8500万円 1億400万円 △58億8200万円
前期実績 1985億300万円 40億1900万円 14億9100万円

競争激化に伴う客数の伸び悩みで、売上高は前回予想を下回ると見込みです。また、吉野家事業における改装対象店舗の増加に伴い、11億3000万円の減損損失を計上するほか、不採算店舗や撤退店舗を要因として、子会社の「はなまる」で14億1900万円、子会社の「アークミール」で9億4400万円、海外事業で8億6800万円、子会社の「京樽」で3億8500万円のそれぞれ減損損失を計上するため、純損益は大幅な赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:吉野家ホールディングス

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事