不景気.com > 赤字決算 > ラオックスの18年12月期は純損益10億円の赤字転落、災害続き

ラオックスの18年12月期は純損益10億円の赤字転落、災害続き

ラオックスの18年12月期は純損益10億円の赤字転落、災害続き

東証2部上場の免税店大手「ラオックス」は、2018年12月期決算短信を発表し、当期純損益が10億2000万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績:ラオックス

売上高営業損益純損益
18年12月期 1179億9500万円 △8億5100万円 △10億2000万円
前期実績 642億9100万円 1億3700万円 1億7700万円
次期予想 1500億円 20億円 未定

夏以降に相次いだ自然災害の影響により、インバウンド需要の落ち込みや国内消費マインドの低下、店舗閉鎖や商品破損を余儀なくされました。また、貸付先の財務状況を勘案し、貸倒引当金繰入額として6億4200万円の営業外費用を計上するほか、固定資産の減損損失として38億8100万円の特別損失を計上するため、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

2018年12月期決算短信:ラオックス

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事