不景気.com > 買収合併 > 大日光・エンジニアリングが破綻した「栃木電子工業」を支援へ

大日光・エンジニアリングが破綻した「栃木電子工業」を支援へ

大日光・エンジニアリングが破綻した「栃木電子工業」を支援へ

ジャスダック上場で電子機器受託生産の「大日光・エンジニアリング」は、1月9日付で東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した「栃木電子工業株式会社」(栃木県栃木市)について、事業再生を目的とする事業譲渡契約を締結したと発表しました。

1972年に設立の栃木電子工業は、アミューズメント機器や車載関連機器向けプリント配線基板の製造を手掛けているものの、遊技機への規制強化による市場縮小の影響で業績が悪化したことから、自力での再建を断念し民事再生法の適用を申請していました。

大日光・エンジニアリングは、栃木電子工業をグループに取り込むことで、受託生産事業における競争力の強化に加え、注力する車載機器向け事業でのシナジー効果が期待できるとして、スポンサー支援の意向を表明していました。

栃木電子工業の事業再生支援に伴う事業譲渡契約締結に関するお知らせ:大日光・エンジニアリング

「買収合併」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事