不景気.com > 海外リストラ > 日立がイギリスの原発建設プロジェクトを凍結、減損3000億円

日立がイギリスの原発建設プロジェクトを凍結、減損3000億円

日立がイギリスの原発建設プロジェクトを凍結、減損3000億円

東証・名証1部上場の電機大手「日立製作所」は、イギリスで進めてきた新規原子力発電所の建設プロジェクトを凍結すると発表しました。

2012年に電力会社の「ホライズン・ニュークリア・パワー」(イギリス)を約889億円で買収し、同子会社を通じてイギリス・ウェールズの北西岸に接するアングルシー島にて、新規原子力発電所2基の開発を進めてきました。

しかし、事業規模が肥大化するなかで、資金調達や将来的な収益確保が不透明な状況となっているため、民間企業として事業を継続することは困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、この決定に伴い、2019年3月期決算において約3000億円の減損損失を計上する見込みです。

英国原子力発電所建設プロジェクトの凍結に関するお知らせ:日立

関連記事

「海外リストラ」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事