不景気.com > 赤字決算 > ユニバーサルエンターテインメントが197億円の営業赤字へ、18年

ユニバーサルエンターテインメントが197億円の営業赤字へ、18年

ユニバーサルエンターテインメントが197億円の営業赤字へ、18年

ジャスダック上場の遊技機メーカー「ユニバーサルエンターテインメント」は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が197億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:ユニバーサルエンターテインメント

売上高営業損益純損益
前回予想 1490億円 62億円 1946億円
今回予想 927億円 △197億円 1767億円
前期実績 685億4600万円 △98億700万円 △134億2600万円

新規制のもとで機械適合が遅れたことにより、国内のパチンコ・パチスロ事業の販売が次期にずれ込むことに加え、フィリピンのカジノリゾート事業が計画を下回ることから、営業損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ユニバーサルエンターテインメント

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事