不景気.com > 赤字決算 > セガサミーホールディングスの19年3月期は15億円の最終赤字へ

セガサミーホールディングスの19年3月期は15億円の最終赤字へ

セガサミーホールディングスの19年3月期は15億円の最終赤字へ

東証1部上場で遊技機事業やゲーム事業を手掛ける「セガサミーホールディングス」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が15億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:セガサミーホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 3900億円 210億円 120億円
今回予想 3370億円 130億円 △15億円
前期実績 3236億6400万円 177億2000万円 89億3000万円

デジタルゲーム事業における既存タイトルの売上減や、新規タイトルの投入遅延・不振に加え、遊技機事業では型式試験の適合取得が想定を下回ったことから、販売台数・タイトル数ともに計画を下回る見通しとなりました。

加えて、デジタルゲーム事業における固定資産の減損損失として61億800万円の特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:セガサミーホールディングス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事