不景気.com > 赤字決算 > アクセルの19年3月期は20億円の最終赤字へ、遊技機需要減

アクセルの19年3月期は20億円の最終赤字へ、遊技機需要減

アクセルの19年3月期は20億円の最終赤字へ、遊技機需要減

東証1部上場で遊技機向けLSI製品などを手掛ける「アクセル」は、2019年3月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が20億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:アクセル

売上高営業損益純損益
前回予想 63億円 △14億5000万円 △10億5000万円
今回予想 50億円 △17億円 △20億円
前期実績 84億7700万円 1億5600万円 8000万円

主力の遊技機向けグラフィックスLSIについて、規制強化による需要の減少やリユース品の拡大などで販売が低迷していることに加え、有価証券評価損として2億3400万円の特別損失を計上することや、繰り延べ税金資産の取り崩しによる約5億円の税金費用増などから、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:アクセル

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事