不景気.com > 不景気ニュース > メルカリが旅行記アプリの「メルトリップ」を1月末で終了、3ヶ月で

メルカリが旅行記アプリの「メルトリップ」を1月末で終了、3ヶ月で

メルカリが旅行記アプリの「メルトリップ」を1月末で終了、3ヶ月で

東証マザーズ上場でフリマアプリを展開する「メルカリ」は、子会社の「ソウゾウ」を通じてオープンベータ版として展開している旅行記アプリの「メルトリップ」について、2019年1月31日付でサービスを終了すると発表しました。

グループにおいて新規事業の開発を手掛けるソウゾウは、11月1日にメルトリップの提供を開始し、旅の写真などを中心に旅行記を共有・保存できるサービスとして拡大を目指したものの、わずか3ヶ月でのサービス終了となりました。

メルカリは、フリマアプリに次ぐサービスの開発を積極化させたものの、今年に入り地域コミュニティサービスの「メルカリアッテ」、即時買取・現金化サービスの「メルカリNOW」、ブランド品特化のフリマアプリ「メルカリ メゾンズ」、知識・技能の販売プラットフォームの「teecha」などのサービス終了を相次いで発表したほか、イギリスにおけるフリマサービスからの撤退も発表するなど、一転して事業の選択と集中を進めています。

サービス終了のお知らせ - メルトリップ

関連記事

「不景気ニュース」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事