不景気.com > 企業不況 > CEホールディングスが債権1.21億円の取立遅延のおそれ

CEホールディングスが債権1.21億円の取立遅延のおそれ

CEホールディングスが債権1.21億円の取立遅延のおそれ

東証1部・札証上場で電子カルテシステム開発の「CEホールディングス」は、子会社の「シーエスアイ」が保有する債権について取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の病院運営者について、11月末を回収予定とする売掛金の支払いが長期化する見込みとなったための措置で、債権額は1億2100万円(2017年9月期末の連結純資産に対し3%相当)の見込みです。

なお、当該取引先について、手形の不渡りや法的整理などの事実は発生していないため、名称の公表は控えるとのことです。

債権の取立遅延のおそれに関するお知らせ:CEホールディングス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事