不景気.com > 赤字決算 > ジーンテクノサイエンスの20年3月期は72億円の最終赤字へ

ジーンテクノサイエンスの20年3月期は72億円の最終赤字へ

ジーンテクノサイエンスの20年3月期は72億円の最終赤字へ

東証マザーズ上場のバイオベンチャー「ジーンテクノサイエンス」は、2019年3月期決算短信を発表するとともに、2020年3月期業績予想を公開し、2020年3月期の純損益が72億6000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績:ジーンテクノサイエンス

売上高営業損益純損益
19年3月期 10億2100万円 △8億500万円 △8億5600万円
前期実績 10億5900万円 △9億1300万円 △9億400万円
次期予想 10億5000万円 △12億2000万円 △72億6000万円

*2020年3月期より連結決算に移行するため、次期予想は連結決算値。

2019年4月1日付で歯髄細胞バンクを運営する「セルテクノロジー」を完全子会社化したことに伴い、のれん処理に伴う特別損失の計上が見込まれるため、次期の純損益は大幅な赤字見通しとなりました。

2019年3月期決算短信:ジーンテクノサイエンス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事