不景気.com > 国内リストラ > 東芝ライテックが沼津工場を19年3月に閉鎖、栃木へ移管

東芝ライテックが沼津工場を19年3月に閉鎖、栃木へ移管

東芝ライテックが沼津工場を19年3月に閉鎖、栃木へ移管

東芝グループの照明器具メーカー「東芝ライテック」は、2019年3月末をめどに沼津工場(静岡県沼津市)を閉鎖すると発表しました。

2001年に操業を開始した沼津工場は、LED照明器具や照明制御機器の製造を手掛けているものの、価格競争の激化などから生産拠点の再編が必要と判断し今回の閉鎖を決定したようです。

なお、沼津工場での生産品については、鹿沼工場(栃木県鹿沼市)に移行する予定で、それに伴い鹿沼工場において製造スペースの拡張を行うとのことです。

製造拠点の再編について | 東芝ライテック(株)

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事