不景気.com > 国内リストラ > パナソニックが水銀ランプの生産から撤退、街路灯など

パナソニックが水銀ランプの生産から撤退、街路灯など

パナソニックが水銀ランプの生産から撤退、街路灯など

東証・名証1部上場の電機大手「パナソニック」は、2020年6月末をもって水銀ランプの生産を終了すると発表しました。

2013年10月に水銀による汚染防止を目指した「水銀に関する水俣条約」が採択されたことに伴い、2021年より水銀ランプの製造および輸出入が禁止されるための措置で、パナソニックは製造・販売する水銀ランプの全31商品を生産終了します。

水銀ランプは、主に工場・倉庫・体育館などの高天井用照明器具や、投光器・街路灯・道路照明器具・球技場照明器具など、高照度の照明器具として用いられてきたものの、今後はLED照明器具への交換を提案していくとのことです。

水銀ランプの生産を終了、LED照明器具へのリニューアル提案を強化 | Panasonic

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事