不景気.com > 買収合併 > パイオニアが外資ファンドから600億円の出資受入れ、再生支援

パイオニアが外資ファンドから600億円の出資受入れ、再生支援

パイオニアが外資ファンドから600億円の出資受入れ、再生支援

東証1部上場の電機メーカー「パイオニア」は、投資ファンドの「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」との間で、スポンサー支援に関する基本合意書を締結したと発表しました。

パイオニアが実施する第三者割当増資により、総額500億円から600億円をめどに出資を受け入れる予定で、実行後には同ファンドがパイオニアの筆頭株主となる一方、パイオニアは上場を維持する方針です。

パイオニアは、主力のカーナビゲーションシステムやカーオーディオの販売不振により、赤字が続くなど厳しい環境が続いているため、当面の資金繰り改善が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

スポンサー支援に関する基本合意書の締結に関するお知らせ:パイオニア

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事