不景気.com > 赤字決算 > gumiの19年第2四半期は7億円の営業赤字へ、外注費増で

gumiの19年第2四半期は7億円の営業赤字へ、外注費増で

gumiの19年第2四半期は7億円の営業赤字へ、外注費増で

東証1部上場でゲーム・スマホアプリ開発の「gumi」は、2019年4月期第1四半期決算短信を発表し、四半期営業損益が2億5100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。また、2019年4月期第2四半期(累計)連結業績予想を公開し、第2四半期営業損益が7億5100万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年4月期第1四半期連結業績:gumi

売上高営業損益純損益
2019年4月期(1Q) 60億1500万円 △2億5100万円 7400万円
前年同期 70億2300万円 2億1800万円 9500万円
第2四半期予想 121億1500万円 △7億5100万円 未定

第1四半期連結業績については、前年度に配信を開始したゲームタイトルの売上寄与が限定的だったほか、一部タイトルの配信停止に伴い売上高が減少しました。

第2四半期連結業績予想については、新規タイトルの開発が進捗していることから外注費の増加を見込むほか、新規タイトルに係る宣伝広告費用も増加することから、営業損益の赤字を見込んでいます。

2019年4月期第1四半期決算短信:gumi

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事