不景気.com > 赤字決算 > エディアの19年2月期は10億円の最終赤字へ、役員報酬減額

エディアの19年2月期は10億円の最終赤字へ、役員報酬減額

エディアの19年2月期は10億円の最終赤字へ、役員報酬減額

東証マザーズ上場でスマートフォン向けゲーム・コンテンツ展開の「エディア」は、2019年2月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が10億4000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年2月期通期連結業績予想:エディア

売上高営業損益純損益
前回予想 15億円 2200万円 1200万円
今回予想 19億7000万円 △5億7000万円 △10億4000万円
前期実績 7億7100万円 △4億300万円 △5億3500万円

「一二三書房」を子会社化したことに伴う売上への寄与などから、売上高は前回予想を上回ると見込むものの、新規ゲームタイトルのリリース遅延や新規ユーザーの獲得費用の増加に加え、業績低迷に伴うソフトウェア資産などの減損損失として4億3200万円の特別損失を計上するため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

また、業績の赤字修正を受け、代表取締役の報酬50%減額を含む役員報酬の減額もあわせて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:エディア

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事