不景気.com > 不景気ニュース > ラオックスが旗艦店の「銀座本店」を閉店、近隣店に集約へ

ラオックスが旗艦店の「銀座本店」を閉店、近隣店に集約へ

ラオックスが旗艦店の「銀座本店」を閉店、近隣店に集約へ

東証2部上場の免税店大手「ラオックス」は、賃貸借契約の満了に伴い、8月31日をもって「銀座本店」(東京都中央区)を閉店すると発表しました。

2013年に開業の銀座本店は、中央通り沿いに立地する1~3階の店舗で、化粧品や理美容品・家電・時計・健康食品などの免税販売を手掛け、特に外国人観光客の「爆買い」現象に火を付けた代表的な店舗として、多くのメディアに取り上げらていました。

一方、外国人観光客による消費がモノからコトに多様化するなか、銀座本店は契約満了に伴い5年間の歴史に幕を閉じるとともに、銀座本店から2ブロック先で2015年に開業した「銀座EXITMELSA店」へ集約する決定に至ったようです。

ラオックス:「銀座本店」と「銀座EXITMELSA」店の統合のお知らせ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事