不景気.com > 赤字決算 > LINEの第1四半期は純損益13億円の赤字、先行投資嵩み

LINEの第1四半期は純損益13億円の赤字、先行投資嵩み

LINEの第1四半期は純損益13億円の赤字、先行投資嵩み

東証1部上場でメッセージングアプリを展開する「LINE」は、2018年12月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が13億8300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年12月期第1四半期連結業績:LINE

売上高営業損益純損益
2018年12月期(1Q) 487億3600万円 12億4600万円 △13億8300万円
前年同期 389億1600万円 40億2500万円 14億3700万円
通期予想 未定 未定 未定

スマホ決済の「LINE Pay」や、スマートスピーカー「Clova」などのAIサービス、証券・保険などの金融サービス、ショッピング・物販のコマースなど、戦略事業と位置付ける各種サービスの先行投資が重しとなり、同事業で約71億円の四半期営業赤字を計上したことから、純損益は赤字転落となりました。

2018年12月期第1四半期決算短信:LINE

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事