不景気.com > 赤字決算 > メルカリの19年中間期は44億円の最終赤字、米で苦戦続く

メルカリの19年中間期は44億円の最終赤字、米で苦戦続く

メルカリの19年中間期は44億円の最終赤字、米で苦戦続く

東証マザーズ上場でフリマアプリ展開の「メルカリ」は、2019年6月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が44億7500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年6月期第2四半期連結業績:メルカリ

売上高営業損益純損益
2019年6月期(2Q) 237億8800万円 △36億5400万円 △44億7500万円
前年同期 なし なし なし
通期予想 未定 未定 未定

認知度の向上に伴い国内事業は堅調に推移しているものの、アメリカ事業における認知度および利用者数の拡大を目指し、ラジオ広告をはじめとする積極的な広告宣伝やキャンペーンの実施などで経費が大幅に増加したことから、営業損益・純損益ともに赤字となりました。なお、通期業績予想については未定としています。

業績予想の修正に関するお知らせ:メルカリ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事