不景気.com > 赤字決算 > GMOの18年12月期は207億円の最終赤字、仮想通貨下落で

GMOの18年12月期は207億円の最終赤字、仮想通貨下落で

GMOの18年12月期は207億円の最終赤字、仮想通貨下落で

東証1部上場でインターネット関連事業を手掛ける「GMOインターネット」は、2018年12月期決算短信を発表し、当期純損益が207億700万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績:GMOインターネット

売上高営業損益純損益
18年12月期 1851億7700万円 217億8700万円 △207億700万円
前期実績 1542億5600万円 176億4200万円 80億3000万円
次期予想 未定 未定 未定

主力のインターネット決済・セキュリティ・金融事業がそれぞれ好調だったことから、売上高および営業損益は過去最高を記録しました。一方、仮想通貨採掘・マシン開発事業において、仮想通貨価格の下落に伴い353億円の特別損失を計上したことから、純損益は大幅な赤字転落となりました。

2018年12月期決算短信:GMOインターネット

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事